最近の日本生命、買収など

生保業界トップの日本生命の最近の動きに注目してみました。

・法人向け「長期定期保険 プラチナフェニックス」を来年4月より販売
・2017年10月2日より「一時払外貨建養老保険 ドリームロード」の販売を開始
・健康コンサルティングサービスを開始
・大阪府、島根県と健康増進や地域活性などで包括連携
・マスミーチュアル生保を買収?

長期平準定期保険は経営者向けの貯蓄性が高い保険商品で、保険料の一部、または全部を損金として確定申告の際に計上できるのが大きなメリットです。一般的な長期平準定期保険は毎年の保険料が100万円を超えるなど高額になっていますが、ニッセイの新商品は第一期間の保険料を抑えているのが大きな特徴です。というのも、保険期間の最初の1/2は損金は半分しか計上できませんが、残りの1/2に関しては全額を損金として計上することができるので節税効果が高くなります。「プラチナフェニックス」の詳細はまだわかりませんが、個人事業主や会社経営者にとっては魅力が高い商品となりそうです。

グループ会社の三井生命から販売していた「ドリームロード」をニッセイからも販売するということで、ゼロ金利の影響を受けて外貨建ての個人年金保険の人気がより高まっていると考えられます。確かに顧客からも国内運用の個人年金保険よりも外貨建て保険に切り替える人が続出しており、ゼロ金利と安全・安心という要素を天秤にかけても金利が高い商品を選ばれる方が増えているように感じます。ただし最低保険金が3万ドルということなので、加入時に300万円ほどの一時払い保険料を用意しておく必要があります。

その他の注目は地道な地域密着の活動あたりでしょうか。保険と健康は密接しているイメージがありますが、実は相反する存在です。健康になれる可能性が高まるほど保険の必要性は無くなります。ただ医療保険や先進医療特約などの対象となる治療が増えることは良い方向性ですし、保険という商品ではなく健康になれるサービスをどのように販売していくのか注目したいところです。あとは銀行の窓口販売強化のためにマスミーチュアル生命を買収するとの報道がありましたが、プレスリリースにあったようにまだ事実かどうかわかりません。保険商品のラインナップには影響は出ないでしょうが、何か良い影響が出ることを期待しています。

リンク → 日本生命:ニュース一覧、日経:日本生命、マスミューチュアル生命を買収へ