保険業界の体質改善は?

東洋経済オンライン:生命保険業界が「顧客本位」とはいえない理由

この4月から保険料が上がるということで、この2、3月の間に3~4つの保険相談サービスを利用してきました。
たくさん話を聞いて感じたのは、保険会社や保険商品の良し悪しがはっきりしているのに、
悪い商品って評価されている保険会社がずっと生き残ってるってことです。
あんまり大きい声では言えませんが、ほとんどのFPさんの口から出たのはテレビCMの商品はダメってことですね。

唯一評価が良かったのは明治安田生命の「ライト!」で、保険というより定期預金みたいなサービスです。
返戻率が常に100%を超えているので、いつ解約しても支払った保険料以上のお金が返ってくるというものです。
貯蓄に余裕が出てきたら1口5000円で積み立てていけるというのが気軽で若者向けですね。

東洋経済の記事でも指摘されていますが、代理店が多額の手数料をもらっているのもあって、
これまで商品券をプレゼントしたりしても経営が成り立っていたわけで、
逆に言うとそれだけ保険商品自体が保険会社が儲かるしくみになっているというわけですね。
もちろん加入するメリットはたくさんあるので、できるだけ良い商品を選んで自分に合った保険に入ることが大切です。

ゼロ金利になっても保険料をアップして加入者に負担させているだけだし、
保険会社の運営や広告費に使用される付加保険料の割合を減らすこともありませんし、
保険金の不払いなどもまだまだ残っていますし保険業界の体質改善を望みたいですね。

<追記 6.5>

ねとらぼ-生命保険会社の“苦情件数と割合の一覧表”に驚きの声

1位になっているのはジブラルタ生命ですが、架空契約で2億円を搾取した社員がいたり、オレオレ詐欺に加担していた社員がいたりで、社内のモラルやコンプライアンス的にちょっと疑わしいところがありますね。
今回の不祥事が原因で苦情が増えたのか、もしくはもともとそういう体質の会社だったのか、どちらかははっきりと分かりません。
保険業界全体が良い方向に向かってくれることを願います。