保険相談キャンペーンで換金性が高い商品券プレゼントは廃止に

生命保険の先生「保険相談キャンペーン(商品券は廃止)」

2017年の3月に保険相談サービスを提供している各会社へ金融庁からの通知があり、換金性の高い商品券やギフト券、ビール券、図書カードなどのプレゼントが4月7日を目途に中止されることになりました。これまで1社あたり6000円の商品券がもらえたところもあったので、特典で保険相談の利用客を増やしていた会社には大きな影響が出そうです。

この4月中旬ごろから高級和牛や国産米、食器セットなど換金性の低いプレゼントキャンペーンが徐々に増えてきており、今後は各社さまざまな商品を用意して集客アップを図ることが予想されています。

今後は保険相談だけではなく、生命保険会社が実施しているポイント還元などにも影響が出ると考えられています。たとえば、楽天生命の場合は楽天カードで保険料を支払ったり提携している保険相談サービスを利用すると楽天ポイントがもらえますが、今後もポイントが貯まっていくのかどうかわかりません。

楽天PointClub:楽天の保険でポイントが貯まる

そもそもはキャッシュバックや換金性の高いものをプレゼントしてしまうと、保険商品自体の公平な競争が妨げられるということで保険業法に違反する可能性があるとのことですが、換金性が低いものであれば何でもよければ良いのでしょうか。採算が取れるかわかりませんが、そのうち数万円もするダイソンの掃除機や家電、バーミキュラのような高級鍋のようなものも出てくるかもしれません。口コミやランキングなども参考にしてしっかりとした保険相談サービスを選ぶことが大切だと感じています。