2017年4月以降の契約から各社保険料アップ

SankeiBiz:日本生命、終身保険料など2~30%引き上げ 4月以降の新契約から適用

マイナス金利の影響で予定利率の高かった一時払いの養老保険や終身保険の販売が停止になることは昨年7月にも取り上げましたが、今回は予定利率を下げた上に保険料がアップするというかなり大変なニュースが飛び込んできました。

トランプ大統領の誕生で金利が上昇すると予想されていましたが、思った以上に反発や不安感の方が大きく、保険業界としてもまだまだ大きなリスクがあると想定しています。日本の円安誘導(=マイナス金利)もバラ撒きだと批判されていますが、菅官房長官のコメント見る限りではこれまでの政策を変える予定はないようです。

Exciteニュース:菅官房長官、為替政策批判「全く当たらない」

おそらく2017年のうちに大きく為替相場や金利が変わることはないでしょう。ということはマイナス金利が続くことになり、国内の運用益が見込めない大手生命保険会社が終身保険などの貯蓄性がある保険商品の保険料をアップしたり、予定利率(解約返戻金の額)を下げるという流れが続くと思われます。

実際にニッセイのセールスレディの売込みも4月以降の加入は損になるので、2月中に申込みをしてください、という口説きが多くなってきました。確かに保険料が20~30%も上がってしまうのは損だと思います。だからといって要らないな生命保険に加入する必要はなく、外貨建ての終身保険など安定して利率を確保できる外資系の保険商品の人気が高まっていくと予想しています。おそらく○○保険ランキングなどでも、漢字が続く日本の保険会社の商品はランクインせず、カタカナやアルファベット表記の保険会社が上位に入るでしょう。オリックスのキュアも保険料次第では人気が落ちていくかもしれません。