トランプ新大統領誕生による日本の保険業界への影響

新しいアメリカ大統領がトランプ氏に決まったことによって、
日本の保険業界にもさまざまな影響が出てきました。

1つはアメリカの景気が上向くと予測されているため、
海外や日本の金利が上昇すると考えられています。
そのため中止されていた一括払いの終身保険や養老保険の販売が再開されました。
これによって保険プランの幅も増えるだけではなくて、
財産運用の選択肢として一時払いの保険が復活しました。

ヤフーニュース:第一生命、トランプ氏勝利後の金利上昇で一時払い終身の販売再開へ

もう1つは、TPPの締結が回避されることによってアメリカの生命保険が進出してこなくなる点です。
海外の生命保険は返戻率が150%を超えるものもあり、
例えば300万円の終身保険を20年間の払込期間で預けておくと
450万円の解約返戻金もしくは死亡保障として受け取れることになります。

これは日本の返戻率が高くても115%程度までとなっていることを考えればかなりの脅威ですが、
トランプさんが当選されたことによってアメリカ生保が進出してこなければ日本の生保会社も安泰です。
保険会社がつぶれると保障額は一定保証されるものの、予定利率が下がったりなどの悪影響が出ますので、できるだけ避けたいところです。

日本の被保険者や契約者にとってはどっちがお得なのか難しいところですが、
医療保険に関しては先端医療や新薬を取り入れさせて診療報酬を暴騰させ、
皆保険を崩壊させて民間の医療保険を売り込むという狙いがあったようですが、
TPPが無くなったことによって日本の医療保険も守られることになりそうです。

ライブドアニュース:TPP 米が狙う「日本の保険業界」